スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
フロアタイルで汗
以前紹介したフロアタイル。

今度は違う色をセルフで施工してみました
フロアタイル―ダークブラウン

ダークブラウンです。ちょっと古びた感じで、なかなかいい感じです。

写真で分かりますか?


夏場の作業で、汗臭くなりながら作業をしました

サラリーマンの仕事でかく冷や汗よりは断然気持ちいい汗です。

毎日だったら大変だろうなと思いますが、

たまのセルフリフォームは意外と楽しいです

スポンサーサイト
[2014/08/17 21:12] | リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
床材を貼ってみた
5月半ばに空室になった部屋。

床に傷みがあって、見た目も古かったのでフロアタイルの施工などを検討していたのですが、

セルフでハリーデコタイルを貼ってみました


セルフリフォームの技術を磨きたいので挑戦しました。

というより、これから退去が続くので、資金的な問題もあってセルフに挑戦です


もちろん、床貼りの経験はないので、施工しやすい床材を選ぼうと考えました。、

ハリーデコタイルは糊付けしてあるし、口コミの評判もいいので選びました。



1Kの居室とキッチンに貼りましたが、結局、7時間くらいは掛かりました。

角部屋で柱の部分があったことも作業が遅くなった原因です。

腰が痛くなるし、端や角は苦戦しましたが、なんとか施工完了

こんな感じです。
デコタイル



実際に施工してみて、カッターで切れるので施工も比較的簡単。

作業に馴れて、丁寧に施工すれば、見栄えもいいと思います。

ただ、耐久性や剥がれるのではないかという心配はあります。


部屋は、床が白くなったので全体が明るくなり、

印象はよくなったと思います。

コスト的には、プロのフロアタイル施工と比べると半額以下。

床材が余ったので、ほかの空室でも施工しようかな
[2014/06/29 23:54] | リフォーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
カッティングシート再び
少し前に施工した、キッチン扉のカッティングシート。

別の部屋でも施工しました
101キッチン扉

柄を変えてみました。

写真では分かり難いですが、くすんだゴールドに縦線が入っています。

爽やかではありませんが、落ち着いた雰囲気です。

少なくとも、施工前よりいいと思います。



汗をかきながら、カッティングシートを貼っていると、

「働いているな」という気分になります

自分の手で部屋が変わっていく充実感もあります。

ただ、それが結果に結び付くかが問題です。

来月くらいには、結果(入居)を出したいな
[2013/08/21 08:00] | リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キッチン扉をセルフリフォーム
キッチンの扉にカッティングシートを貼りました。


以前書きましたが、先輩大家の方に教えてもらって、

自分でも施工できるかなと思って、挑戦しました。


こちがら施工前
ダイノック施工前


こちらが施工後
ダイノック施工後


小さなミスはありましたが、何とか貼ることができました。

教えてもらったことで、初めてでもスムーズにできたと思います



第一印象も良くなったので、もうひとつの空室にも貼るつもりです。

セルフリフォームには苦手意識がありましたが、意外と楽しめました。

いろいろ挑戦してみるものですね
[2013/08/07 08:00] | リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ペンキ塗り
空室となった部屋にペンキを塗りました。

塗ったのは、フローリングの巾木です。

白なので、傷がついて木の色が見えるようになったり、

汚れで黒くなったり、古さが目立つ部分です。

壁紙や床材などを新しくすると、特に目立ちます。


そこで、自分で塗っています。

ペンキ塗り

あまり器用な方ではないので、

ペンキ塗りも自信はないのですが、

塗らないより塗った方がいい、

と思っています。


しゃがんで、よ~く見ると

アラが目立ちます。

でも、立った時の目線では、

そのアラも目立ちません。


完璧を求めては、何もできないですね。

できるだけのことをやる、

それしかないですね



[2013/07/16 08:00] | リフォーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。