スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
自己資金のこと③
お金貯めても、使いたくなりますよね。

今、住宅市場でのメインの客層は30歳代ということですが、

ある程度の資金があれば、自分が住む家を買う人や車を買う人が多いでしょう。

自分の住む家を買いながら、収益物件を買う余裕があればいいのですが、

一般のサラリーマンで両方を買える人は限られていると思います。




やっぱり、人と違うことをしたいと思うのなら、それなりの覚悟や家族の理解が必要です。

逆に言えば、所得が高くなくても、目的意識や周囲の理解があれば、不動産投資は可能ではないかと思います。


低い所得で、貯蓄をするには、節約や我慢も必要でしょう。

しかし、その成果は、その人の堅実さや、努力の姿勢を証明することになります。

銀行もそのような人だったら融資しやすいのではないでしょうか。



私がこのブログで言いたいことの一つは、普通のサラリーマンでも不動産投資をできる可能性がある

ということです。

早い時期から取り組むことができれば、十分に収益物件取得は可能だと思います。

もちろん、大切なのは、不動産を買ったあとの経営なのですが…


スポンサーサイト
[2013/04/30 08:00] | 不動産取得まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自己資金のこと②
自己資金についての、続きです。

私の場合、不動産という目的があったわけはではないのですが、

30歳頃になると、ある程度まとまった貯蓄額になっていました。


どうやって貯蓄するかについては、節約系ブログや関連書籍に

様々な方法やアイデアが書いてあるように、

「支出の大きい住居関連、保険関連、自動車関連の出費を見直す」

「財形を利用する」

など、基本的には「出を制す」ことは大切だと思います。


私も住居や保険については、できる限り少なくする努力をしたり、

親類に頼れる部分は頼ったりして、支出を抑えました。


大きかったのは、結婚関連です。

結婚は人生の大きなイベントですし、個人の価値観もありますので、

簡単に人にお勧めすることはできません。

ただ、あえて、私個人の考えと経験を書きます。

私は(おそらく妻も)、披露宴をしたいと思いませんでしたし、

身内だけでの式でいいと考えました。

結婚式と、身内の食事会だけでしたので、大きな費用は掛かりません。

親類の数は、私も妻も少ない方ではないので、予想以上の祝儀をいただきました。

結果的に、新婚旅行の費用まで含めても、収支は大きくプラスになりました。

祝儀は、結婚する時に使うのではなく、その後の長い結婚生活に有効に使わせていただく、

という考えです。




「結婚費用を抑えて、収支をプラスにしよう」という話ではありません。

結婚式は確かに大切イベントかもしれませんが、それは、自分たちの価値観で行うべきですし、

大切なのは見栄ではなく、その後の生活です。

世間体に拘泥するのではなく、自分らしくやっていいはずです。


私の場合、中小企業勤務で、昇給も不透明で、会社の行く末も見えません。

だから、祝儀を将来のために有効に使いたいと思いました。



普段の生活でも、慣習や惰性に従うのではなく、

自分の価値観や身の丈をもとに判断することができれば、

自己資金も貯められるのではないかと思います。

まあ、それがわかっていても、実行するのが難しいんですけどね…






そういえば、ブログとかネット上のコミュニケーションって、

ほとんど経験がありません。

このブログの使い方もよくわからないし、どんなふうにコミュニケーションに使えば

いいのか…。少しずつ勉強します

よろしくお願いします。

[2013/04/29 08:00] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自己資金のこと
昨日に続き、不動産を買うまでの話です。

すでに持っている人には参考にならないかもしれません。

悪しからず



不動産投資なんてできない、って思いますよね。

私も例にもれず、「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで

刺激は受けましたが、不動産投資に現実味を感じることはできませんでした。

ひとつは、大きいのは自己資金のハードルですよね。

社会人駆け出しのころは、お金もなければ、不動産投資に対する意識もありませんでした。

ただ、このままサラリーマンで大丈夫かな?という不安はありました。

大手企業でも倒産やリストラがある時代です。

中小企業は、より厳しい経営環境ですし、労働環境も厳しい。

ということで、目的は明確ではなかったのですが、無駄な出費はやめて、

貯蓄だけはしておこう、という意識は持っていました。


しかし、安月給では、なかなか貯まりません。

なにが無駄なのか、惰性で使っていないか、本当に必要なものなのか。

そんなことを考えなければ、お金は貯まりません。

でも、今考えると、そのような意識を持つことが、経営感覚だと思うんですよね。


先輩投資家のみなさんも「まずは必死になって自己資金を貯めよう」と

アドバイスされている人が多いですが、その自己資金を貯める過程も勉強だと思います。


今日も抽象的な話で終わってしまいました…

また、次回。







[2013/04/28 08:00] | 不動産取得まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いいわけ
アパート経営は厳しい状況からスタートとなりましたが、

周りの皆様の協力のおかげで、なんとか満室になりました。

管理会社からの電話に「退去の連絡か?」と、ビビりながら毎日を送っています。

ただ、幸いなことに満室なので、1号物件については、特に書くことがないのです。

それに、すぐに次の物件を取得することもないかなと思います。



というわけなので、不動産を取得するまでの話を書きたいと思います。

不動産取得までのノウハウについては、先達のブログをご覧いただくと、様々な情報があります。

それに、本やセミナーなど、いろんな情報源があります。そちらをご覧ください。

駆け出し大家の私が、ノウハウを語ることはできませんので、自らの経験を書くしかないですね。

それを読んで、反面教師にしてもらったり、興味本位に楽しんでもらえればいいです。


ああ、いいわけが長くなってしまった…。


不動産取得の話の前に、もう少し自分のことを書かないと。

年齢は30代半ば。地方の中小企業のサラリーマンで、既婚者です。


安月給に苦しむ、典型的なサラリーマンですので、少し前までは「アパートなんて買えない。自分の家さえローンが組めるかな」と思っていました。

でも、先輩サラリーマン大家さんのノウハウを勉強したり、周りの協力を得ることで、なんとか1棟目を取得することができました。

勉強は自分の努力でどうにかなります。ただ、それだけではなく、家族・親類の理解や支援などの周りの協力がなければ、不動産は難しいですね。

投資額がそれなりの金額になりますので、一般的なサラリーマンには負担が大きいと思います。

だから参入障壁が高く、うま味もあります。



長くなってしまいました。続きは、次回。


テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

[2013/04/27 08:00] | 不動産取得まで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
1号物件について
私が持つアパートのことを少し。

タイトルは「1号物件」となていますが、まだ1号しかありません

取得したのは2年ほど前なんですが、鉄骨造り、築20年ほど、1K18戸です。

九州の県庁所在地(福岡市ではありません)で、そう遠くない距離にいくつかの大学がありますが、1Kは供給過多の状況。

表面利回りは約17%で取得。

ただ、交渉中に退去もあって、取得時には3分の1が空室となっていました。

それも、5月に取得したので、繁忙期を逃した状況。

大家業は ピンチ からのスタートでした。



よく言われることですが、1棟目の取得を焦ってはいけませんね。

もちろん、石橋をたたいて渡らない状況ではいけませんが、

表面利回りがいかに無意味かを実感しました。


私は、サラリーマン業の事情もあって、なんとか早めに取得したいと焦っていました。

最終的には「大きな損をしなければいいかな」と考えて、買いました。

本当に「大きな損はない」(今のところ)一方で、「大きな儲けもない」です


やっぱり、「メンター」って言うのか、アドバイスを貰えるような人脈をつくることも大切ですね。



空室に苦しんで、取得から1年半以上たって、なんとか満室になりました。

時間掛かりすぎですよね。自分の努力の足りなさ、センスのなさを実感しました。

だから、ブログなどを通して、仲間を増やしたり、アドバイスをもらえたらと思っています。





[2013/04/26 11:39] | 1号物件 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
はじめに
はじめまして。

九州でアパート経営しているサラリーマンです。

不動産のことを中心にブログを書きたいと思っています。

まだ勉強中ですので、役に立つ情報を発信できる自信はありませんが、

日々の活動や楽しみを綴っていこうと思います。

よろしくお願いします。
[2013/04/25 20:05] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。